【 お知らせ 】 「人の顔が魅えるデザイン展」、2017年10月28日(土)〜11月5日(日)に開催します。「デザイン入門書(永井弘人 著 MdN)」発売中、「日常とデザインを拡げる note ノート」公開中です。

グラフィックデザイン・ブランディング事例と、背景にある個々のストーリー・文章を展示する、「人の顔が魅えるデザイン展」(永井弘人 アトオシ企画)を、2017年10月28日(土)〜11月5日(日)に開催します。(特設サイトへ)

CAMPFIRE キャンプファイヤー参加限定「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」の予約販売(CAMPFIREページへ)を開始しました。2017年10月11日(水)まで、申込受付中です。

永井弘人が執筆・出版した、デザイン入門書「デザイナーになる。」(Amazonへ)、好評発売中! 入門書詳細はこちらです。

デザインをより身近に感じていただく、「日常とデザインを拡げる note(ノートへ)」、絶賛公開中! note(ノート)詳細はこちらです。 永井弘人がデザインで独立するまでのお話はこちらです。

永井弘人  Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」の予約販売を開始しました。2017年10月11日(水)まで、申込受付中です。

ph_tw_170914_001_1492

 

 

CAMPFIRE キャンプファイヤー参加限定「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」の予約販売(CAMPFIREページへ)を開始しました。

 
——————————————————————
◎ 「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」とは

「人の顔が魅えるデザイン展」に、「来場される方と、デザイン展を一緒につくり上げたい!」、また、
「来場の想い出として、形あるものを持ち帰っていただきたい!」ということを考え、制作を意図した本です。
(サイズ:B6縦/頁数:130ページ以上/本文:モノクロ/表紙:フルカラー。図録ではなく、読み物です)

内容は、日常とデザインの接点、デザイン構築の流れなどをやさしく伝える本。これ一冊を読むと、
「へぇー!こうやって、デザインってつくられてんだ。」
「あっ、デザイナーにも、こんな人いるんだ。わりと声かけやすそう。」

という感情をいだき、デザインやデザイナーに対する、新しい感度が芽生え、日常に生かせる発見があるはずです!

 
——————————————————————
◎ 「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」収録内容

・ 収録_01 : デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー・エッセイ
・ 収録_02 : ほんのちょっと役立つだろう、デザイン・デザイナーの話
・ 収録_03 : 日常とデザインを拡げる雑文集
・ 収録_04 : 「やりたいことを仕事にする、遠回りの出世術。」ダイジェスト版(note有料記事の先行収録)

本書籍は、「2017年10月11日(水)までの予約受付のみ」で、会場販売等は行いません。お見逃しなく!

 
——————————————————————
「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」の詳細、予約販売は、CAMPFIRE キャンプファイヤーのプロジェクトページ にて、ご覧になれます。ぜひ、「人の顔が魅えるデザイン展」をみなさまと一緒につくり上げていけると、とても嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします!

* 2017年10月12日(木)追記
目標達成、サクセスしました! 本プロジェクトにご参加、ご支援いただいた方々、また、注目いただいた方々、本当にありがとうございました!! 引き続き、しっかりと準備を進めてまいります。ありがとうございました!!

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

“デザイナーではない人” に、デザインを伝える。「人の顔が魅えるデザイン展」、10月28日(土)〜11月5日(日)に開催します。

001_フライヤー制作_B-06

001_フライヤー制作_B-06

ph_g_4039_1492

a136aabb-8a24-4084-9f92-266623b46309

 

今年秋、永井弘人(アトオシ)企画にて、
グラフィックデザイン・ブランディング事例と、背景にある個々のストーリー・文章を展示する、

「人の顔が魅えるデザイン展」を、10月28日(土)〜11月5日(日)に開催します。(特設サイトへ)

「人の顔が魅えるデザイン展」PR TIMES様、プレスリリースの配信ページはコチラ

「人の顔が魅えるデザイン展」告知フライヤー PDFのダウンロードはコチラ

CAMPFIRE参加限定「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」予約販売はコチラ(* 申込は、2017年10月11日(水)まで)

 

約8年ぶりの自主企画のデザイン展です。場所は、中目黒 river side gallery
11人(のクライアント)の「グラフィックデザイン・ブランディング事例」と、
そのデザインにまつわる「文章・ストーリー・エッセイ」を展示します。

目的は、「日常とデザインを拡げる」。デザインと文章で、人の顔を魅せる。
“デザイナーではない人”に、デザイン思考を、日常視点とユーモアを交えて伝える。

 

 
——————————————————————
◎ 「人の顔が魅えるデザイン展」 展示コンセプト

デザインの背景には、必ず 「人」がいます。クライアントになる前から、個々、それぞれの 「強い想い(叶えたいこと)」を持っています。デザインは、 「想いを形にする」こと。つまり、人、そして、強い想いがあってこそ、より良いデザインが成り立つと考えています。

本デザイン展は、11人の人(クライアント)に着目し、強い想いを形にした 「グラフィックデザイン・ブランディング事例」と共に、そのデザインにまつわり、背景にある 「文章・ストーリー・エッセイ」を展示します。

デザインを見て、文章を読み、 「人の顔 = 個々のストーリー」を体感していただく。展示を見終わった後、「デザインは、 こういった形で役立つこともあるんだ」「こういったシーンでも、 デザインを取り入れることができるんだ」という気づきを得ていただき、少しでも日常を豊かにするヒントを見つけていただけると幸いです。

 
——————————————————————
◎ 「人の顔が魅えるデザイン展」 展示内容

11人(のクライアント)の「グラフィックデザイン・ブランディング事例」と、そのデザインにまつわる「文章・ストーリー・エピソード・エッセイ」(ロゴマーク・名刺・便箋・封筒・紙袋・診察券・挨拶状・マッチ箱・DM・タグ・サイン・ポスター・コースター・フライヤー・パッケージ・ポストカード・リーフレット・パンフレット・ショップカード・サンクスカード・トートバッグ・CDジャケット・DVDジャケットなど)

 

 

また、本展開催にあたって、「見た人に、「人の顔が魅えるデザイン展」への来場をうながす映像。人と顔とデザインと。」(上の映像)も制作しました。「人の顔」とは「個々のストーリー」のこと。想いや人生が、「デザイン」につながる。ある意味、感情がにじみ出る、クライアントの顔自体が、デザインであると考えました。

……ということで、クライアントさんに、本デザイン展テーマソングを歌いながら、出演いただきました。飛び出す想い、感情、デザイン。たった60秒、ぜひラストまでご覧ください! そして、次に見たいのは、人デ展に「来場される方々の顔」なのです!

映像制作は、「MTV」「文化庁メディア芸術祭」でも受賞されている、映像ディレクター大月荘さんに、映像を含めた、各告知媒体のイラストは「ザ・チョイス」「1_WALL」でも受賞されている、イラストレーター工藤陽之さんに描いていただきました。使用曲「70億人ストーリー」は、本展紹介クライアントでもあり、高円寺で活動、人間味あふれるアーティストユニット、ワダノヒトです。

 

ph_tw_170816_001_6807

Web

ph_tw_170816_002_6595

 
——————————————————————
◎ 「人の顔が魅えるデザイン展」 展示概要

・ 会期 : 2017年「10月28日(土)~11月5日(日)」
・ 時間 : 午前11:00〜午後9:00(最終日は午後7:00まで)
・ 会場中目黒 「river side gallery」 東京都目黒区上目黒1-5-10
・ 入場料 : どなたでも、「入場無料」です!
・ 公式サイト : hitode.atooshi.com

 
——————————————————————
「人デ展」は、中目黒駅から徒歩1分、気持ちいい目黒川沿いのギャラリーで行います。入場無料! 散歩がてら、お買い物がてらにどうぞ。ぜひ、“デザイナーではない人” や “デザインにちょっとだけ興味がある方々” などに来ていただけると嬉しいです。永井弘人の在廊日、展示作品のより詳しい内容、「そもそも、デザインって何?」を、ゆる〜く話すトークイベント開催日時は、特設サイトをご覧いただけると幸いです。

みなさまにお会いできることを、心より楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

デザイン実用書「やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本」(永井弘人 著(共著))が出版・発売されました。

デザイン書籍を出版されているMdN様より、永井弘人が執筆した、
デザイン実用書「やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本」が出版・発売されました。

書籍名
「やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本」(永井弘人 著(共著))

Amazon 書籍紹介ページ
MdN 書籍紹介ページ

 

ph_tw_170830

 

本書は、Illustratorを使いこなすために必要な、基本的かつ汎用性の高い機能の解説をはじめ、制作現場で役立つ利便性の高い機能やノウハウを一冊にまとめています。各CHAPTERの最初のセクションにはツールや機能の解説があり、以降のセクションではそれらを使用した作例をレッスン形式で紹介しています。解説ページで知りたい情報をすばやく知ることもできますし、作例を作ることでツールや機能の使い所を学ぶことができ、より一層理解を深めることができます。

従来からの基本的な機能から、最新の機能までを使いこなすためのノウハウを掲載しているため、これからIllustratorを学ぼうとされる方はもちろん、新しいバージョンを詳しく知らないベテランの方にも役に立つ一冊となっています。(MdN 紹介文より)

 

デザイン作例を通し、なぜその「機能」を使うか、表現の「意図」とともに解説しました。
様々なIllustratorを身につけたい方は書店等にて、ぜひ手に取っていただけると幸いです。
詳細について、後日アップします。どうぞ、よろしくお願いします!

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

竹尾見本帖店「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」展示中です。

現在開催中の竹尾見本帖店「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」にて、永井弘人(アトオシ)がベストワーク賞(部門最優秀賞)を受賞した、「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」を展示いただいております。

 

ph_170411_004

ph_170411_001_3043

ph_170411_002_3047

ph_170411_003_3052

ph_170411_005

 

日本タイポグラフィ年鑑2017作品展では、日本タイポグラフィ協会が国内外より作品を募集した中から当年度のグランプリやベストワークを含む上位高得点作品を展示。グラフィック作品が持つパワーやディテール、パッケージ作品などの重みや質感、エディトリアル・デザインにおける装丁や文字組みの絶妙さなど、作品写真では伝わってこない生のボリュームを、ぜひご実感ください。(竹尾 公式Webサイトより)

 

竹尾見本帖店「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」
・ 開催場所 : 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-18-3
・ 開催期間 : 2017年4月7日(金)〜5月19日(金) 10:00-19:00 *土日祝は休館

全作品、さわってOKの貴重な展示会です! お近くに寄った際は、ぜひご覧ください。何卒、よろしくお願いいたします。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

note(ノート)、はじめました。「日常とデザインを拡げる」コラム・エッセイを発信中です。

note(ノート)、はじめました。
「日常とデザインを拡げる」コラム・エッセイを発信中です。(永井弘人 note 目次 へ)

 
 

ph_fb_000_001

 
 

突然ですが、私のモットーは、「日常とデザインを拡げる。」です。
これは、“デザイナーではない人” に、デザイン思考を、日常視点とユーモアを交えて伝えること。

“デザイナーではない人” に向けた、デザインに対する理解と共感につなげる発信を行う。
そして、デザインのより良い循環を生み出し、新たな視点で、日常をより豊かに過ごしていただく。
その方法の1つが、「想いの言語化」であると考え、日々、note に書き込み始めました。

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
私がデザイン業で独立した2011年。デザイナー同士で評価し合い、
「『良い』とされたデザイン」が、デザイナーではない人(一般生活者の方)から、
「何が『良い』かわからない」という声を聞き、デザインの捉え方に対する温度差があることを感じました。

良いデザインこそ、デザイナーではない人に使ってほしい。共感してほしい。
それには、まず、デザイン思考の受け入れやすい雰囲気づくりが重要だと考えました。

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
◎ 「日常とデザインを拡げる」コラム・エッセイは、4つのカテゴリで書き分けています。

01. ほんのちょっと役立つだろう、デザイン・デザイナーの話 : 仕事・姿勢・構築・業界の話
02. 日常とデザインを拡げる雑文集 : デザインを身近に感じ、日常の中に取り入れたくなる話
03. 青春電波小説「デザインのむきだし」 : デザインを学び、掴み取りにいく、専門学生の話
04. グラフィックデザインで独立するまでの話 : 私が学生時代から、アトオシとして独立するまでの話

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
もし、興味ある内容がございましたら、お読みいただけると幸いです。
日常をより豊かにするヒントが、見つかるかもしれません。
今後も、この note を通し、よりデザインが生きる空気感をつくりたいと考えています。

いつもありがとうございます。何卒、よろしくお願いいたします。

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

「日本タイポグラフィ年鑑 2017」にベストワーク賞受賞・入選、「日本パッケージデザイン大賞 2017」に入選しました。

永井弘人(アトオシ)のロゴマーク・パッケージ・ブランディングデザイン事例が、
「日本タイポグラフィ年鑑 2017」にベストワーク賞(部門最優秀賞)受賞・入選、
「日本パッケージデザイン大賞 2017」に入選しました。

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
「日本タイポグラフィ年鑑 2017」 ベストワーク賞(部門最優秀賞)受賞作品

・ パッケージ部門 : 「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」パッケージデザイン

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
「日本タイポグラフィ年鑑 2017」 入選作品 6作品

・ VI ビジュアル・アイデンティティ部門焼肉レストラン「代官山焼肉 kintan」ビジュアル・アイデンティティ
・ VI ビジュアル・アイデンティティ部門ペーパーラボ・印刷会社「株式会社 河内屋」ビジュアル・アイデンティティ
・ ロゴタイプ・シンボルマーク部門「九州唐津おいしかと株式会社」シンボルマーク
・ ロゴタイプ・シンボルマーク部門「OPEN HATCH MANAGEMENT OFFICE」シンボルマーク
・ ロゴタイプ・シンボルマーク部門ハイエース写真共有サイト「FunCars」ロゴタイプ
・ グラフィック部門「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」商品告知ポスター

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
「日本パッケージデザイン大賞 2017」 入選作品

・ 食品部門「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」パッケージデザイン

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
日本タイポグラフィ年鑑について
日本タイポグラフィ年鑑は、国内外から広く公募で受け付け、海外でも評価の高いタイポグラフィ・デザインの記録です。
タイプフェイス、ロゴタイプ・シンボルマーク、VI、グラフィック、エディトリアル、研究・実験など10のカテゴリーを設け、
会員から選ばれた審査員の厳正な審査により、各部門ごとに「ベストワーク賞」・入選が授与されます。

日本パッケージデザイン大賞について
公募により広く作品を募集して選考する日本パッケージデザイン大賞は、
パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルたちが集い、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティションです。
約1,000点の作品から会員審査員と外部特別審査員による厳正な審査を経て、入選作品が選出されます。

 

ph_161113_t_001

oh_tw_16113_003

oh_tw_16113_004

oh_tw_16113_002

 
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
クライアントの皆様、制作関係者の皆様、本当にありがとうございました。
これからも日常とデザインを拡げつつ、より精進してまいります。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

【 お知らせ 】 2016年11月23日(水祝)11:00~17:00、「文学フリマ東京」に永井弘人(アトオシ)が出店します。

2016年11月23日(水祝)11:00~17:00、東京流通センター 第二展示場にて行われる、
第二十三回 文学フリマ東京」に永井弘人(アトオシ)が出店いたしますデザイン入門書雑文集を販売します。

ブースナンバーは「オ-01」。当日、フルタイムでブースにいる予定です。
会場にお越しの方は、ぜひお会いできると嬉しいです! 何卒、よろしくお願いいたします。

永井弘人  Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

2016年11月2日(水)、永井弘人(アトオシ)がプレゼンターとして登壇します。

2016年11月2日(水)夜19時30分より、デザイン企画・運営会社 ロフトワーク様が主催する、
“「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」 Loftwork Portfolio Jam” というイベントに、
永井弘人(アトオシ)が、プレゼンターとして選抜いただきました。

◎  “「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」 Loftwork Portfolio Jam”

 

ph_p_161021_001

ph_p_161021_002

 

◎ 開催概要(オフィシャルサイトより)

1日3食、1年間で1,095回。「衣食住」といわれるように、私たちの生活から切っても切り離せない「食」。いま、食を取り巻くシーンは「暮らしの一要素」を越え、クリエイターたちの手によって次のステージへと向かいつつあることを予感しています。クリエイターとポートフォリオを通じてつながる クリエイティブ・セッション「Loftwork Portfolio Jam」vol.2 は、「“おいしい”をアップデートするデザイン」をテーマに開催。

Webからパッケージ、POPまで、一気通貫でスイーツのブランドデザインに挑戦するデザイナー。料理人の哲学を紐解き、新感覚のクリエイティブの視点から「場」をつくるプロデューサー×カフェ。それぞれユニークなアプローチから食と人との関係をデザインし、アップデートするプロセスは、どんなものなのでしょう?

“おいしい” の体験を塗り替えているクリエイターたちと出会い・語りあいたい方は、渋谷・道玄坂にぜひお越しください。

 

◎ Loftwork Portfolio Jam とは
クリエイターとポートフォリオを通じてつながるクリエイティブ・セッション。
これまでに、音楽、イラスト、写真、グラフィック、建築、コピーライティング、Webデザインなど、
ロフトワークが選抜した、さまざまな分野のクリエイターが登壇しています。

◎ 開催日時・場所
・ 2016年11月2日(水) 19:30〜21:30  19:15開場
・ FabCafe MTRL (東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F
* 本イベント参加には予約(定員制)が必要です。予約は コチラ からどうぞ!

◎ 登壇者・プレゼンテーター
・ 大谷省悟 : Producer, Planner
・ 川井敏昌 : FabCafe Tokyo COO
・ 井手口直也 : Bake Inc. デザイナー
・ 秋山あゆ : 株式会社 DELICIOUS DESIGN 代表
永井弘人 : アトオシ ディレクター, グラフィックデザイナー
・ 秋元友彦 : Project Manager, Wonder for Bridge

◎  “「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」 Loftwork Portfolio Jam”

 

当日は、「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり / 麹漬 えのき・エリンギ / 焼肉 KINTAN」事例を通し、
「人がいる、シーンの料理」のお話し
をさせていただく予定です。
“食とデザインの接点、様々な視点” にご興味ある方などがいましたら、ぜひご参加いただけると幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

OPEN HATCH MANAGEMENT OFFICE・イソガイスタジオ・NoMad Grill Lounge、VI・CI構築、近況のご報告です。

ph_161016_0378_008

ph_161016_2

ph_161016_1472_002

ph_161016_logo_068

 

・ マネジメント会社 「OPEN HATCH MANAGEMENT OFFICE」 ロゴマーク・名刺
・ 長野県大町市の写真館 「イソガイスタジオ」 ロゴマーク・DM・名刺・ご紹介カード
・ 東京ガーデンテラス紀尾井町 「NoMad Grill Lounge (ノマドグリルラウンジ)」 ロゴマーク・ショップカード・DM
・ 麹漬製造・販売 「九州唐津おいしかと株式会社」 ロゴマーク

各VI・CIを構築させていただきました。近日中に、詳細を更新予定です。

現在、とてもありがたいことに、様々な業種・サービス・ブランドの
ロゴマークデザイン、VI・CI構築、ブランディングを進行させていただいております。

プロジェクトごとに、随時、詳細をお知らせいたします。
何卒、よろしくお願いいたします。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

Instagram、はじめました。デザイン事例作品を更新していきます。

Instagram、はじめました。これから少しずつ、
永井弘人(アトオシ)のデザイン事例作品を、更新していきます。
“日常とデザインを拡げる” がモットーです!

永井弘人(アトオシ) Instagram トップページ

 

ph_i_161021

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

「瀬戸内国際芸術祭 2016」公式サイトに、永井弘人(アトオシ)の作品・プロフィールが掲載されました。

瀬戸内国際芸術祭 2016」公式サイト。瀬戸内の名産品リデザインプロジェクトページにて、
「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」と永井弘人(アトオシ)のプロフィールをご紹介いただきました。

夏会期、7月18日(月・海の日)よりスタートです。どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

ph_160819_a

ph_160819_b

ph_160819_c

 

◎ 「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」、作品紹介ページは こちら です。
◎ 「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」、商品・概要詳細ページは こちら です。
◎ 「瀬戸内国際芸術祭 2016」 公式サイト内、作品・プロフィール紹介ページは こちら です。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

デザイン実用書「プロとして恥ずかしくない 新・配色の大原則」(永井弘人 著(共著))が出版・発売されました。

デザイン書籍を出版されているMdN様より、永井弘人が執筆した、
デザイン実用書「プロとして恥ずかしくない 新・配色の大原則」が出版・発売されました。

書籍名
「プロとして恥ずかしくない 新・配色の大原則」(永井弘人 著(共著))

Amazon 書籍紹介ページ
MdN 書籍紹介ページ

 

ph_160727_746px

 

「どのような色にするか」=配色計画は、その目的や機能に合致した計算が正確になされているほど効果は高くなります。この配色の大原則を正しく知って正しく使うことは、良い成果物を作り上げる近道にダイレクトに繋がります。 〜中略〜 CHAPTER 5 では目的・テイスト別に配色された事例を挙げ、それぞれの意図と手法をつかんでいただくようになっています。(MdN 紹介文より)

キュート、ロマンチック、フレッシュ、カジュアル、洗練……デザインから感じられる印象。
デザイン表現は、感じさせたい印象につなげるため、
レイアウト・色・文字などの複合的要素を意図して組み合わせていく行為でもあります。
デザインが目指す、「ゴールの印象」事例を18つ挙げ、「配色」という視点から解説しました。

完成形デザインを見た方に、どのように印象づけたいか?
その印象づけをするためには、どのような配色をすれば良いか?

そういった視点を知りたい、体感したい方におすすめの書籍です。

 

ph_160715_746px

 

永井弘人が執筆したのは、上記 “Chapter 5 配色事例見本” でして、
他CHAPTER 1〜4 には、色の基本・配色理論・視覚的なテクニック・最新技術や傾向、
などが多数紹介されており、とても密度の濃い1冊となっています。

「大原則シリーズ(MdN)」は、私が学生の頃から続いている、非常にわかりやすいデザイン実用書。
今回、執筆させていただき、印象・配色視点の再認識も含め、とても嬉しい機会となりました。
ご担当の塩見様、MdN様、お声かけいただき、本当にありがとうございました!

様々な配色スキルを身につけたい方は書店等にて、ぜひ手に取っていただけると幸いです。
どうぞ、よろしくお願いします!

 

書籍名
「プロとして恥ずかしくない 新・配色の大原則」(永井弘人 著(共著))

Amazon 書籍紹介ページ
MdN 書籍紹介ページ

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

マルマン新商品「MINI SKETCH(ミニスケッチ)」ブランドロゴ・表紙カバーデザインを制作させていただきました。

スケッチブックやノートをはじめとした、文具の企画・製造販売をされているマルマン株式会社様より、描きたい時にすぐ描ける、小さいサイズのスケッチブック「MINI SKETCH(ミニスケッチ)」ブランドロゴ・表紙カバーデザインのご依頼をいただき、制作させていただきました。

 

ph_160617_8499

ph_160617_8435

 

学生・クリエイター・身近に絵を描きたい人をターゲットとした、より気軽に作品づくりをしていただくための、小さなスケッチブックです。こちらの新商品、なんとミシン目付きで、切り取ると写真L版サイズになります。描いた後、その場で切り取って、写真立てに飾ったり、友だちに渡したり、そのままファイルに入れることができます。

スケッチの使用例として、野外スケッチはもちろん、イラスト帳、スタンプ帳、アイディア帳、ショップカード収集、料理レシピや手芸作品イメージのメモ…などなど。使う人の日常シーンによって、色々と活用できます。スキップ製本なので、立ちながら、手のひらで握って描きやすいのも特長です。

 

ph_160617_8853_002

ph_160617_8853_004

ph_160617_8853_006

ph_160617_8606

ph_160617_8612

 

主張し過ぎず、しっかりと主張している。
普遍的だけど、フックとなる面白さがある。
日々の中にありながら、無意識に心をワクワクさせてくれる。

デザインコンセプトは、「 いつでも どこでも 」。シーンや個性になじむビビットな色展開、ひらめきやおもいつきにつながる明るいイエロー。日常にお供しながら、“ここぞ” という時に、“パッ” と役立つ印象、デザインを意図しました。

マルマンさんと言えば、私も学生時代からクロッキー帳でデザイン・アイディアによく使わせていただいてました。成長の横、いつも一緒にいた存在です。そういった意味でも、とても嬉しいお声かけでした。ご依頼いただいた、企画グループの福嶋さま、マルマンさま、本当にありがとうございました。

 

ph_160617_5447

ph_160617_5331

ph_160617_5839

ph_160617_5721

ph_160617_5289

ph_160617_8725

 

新商品マルマン「MINI SKETCH(ミニスケッチ)」は、
2016年6月中旬より、ロフト LoFt 各店様にて500部のみ先行販売いたします。

◎ 東京近郊 : ロフト LoFt 池袋・渋谷・横浜・船橋・千葉・吉祥寺・立川・大宮・所沢
◎ 地方都市 : ロフト LoFt 札幌・仙台・名古屋・京都・梅田・高槻・神戸・福岡天神

* 画材コーナーでの販売となります。 * 各店様によって、販売日が異なります。

 

ph_160623_6699_002

ph_160623__6687_002

ph_160623_121034516

 

いつでも、どこでも、描けるスケッチブック。
コンパクトで持ち運びやすい、より身近で気軽なスケッチ。
日常の中、ぜひ一緒にお出かけしてください。よろしくお願いします!
 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)
 

人の顔が見えるデザイン、「クライアント・インタビュー」カテゴリを追加しました。

デザインが前にくるのではなく、あくまでも “人” を前に。
“人” が、こうなったらいいな、と思うことに向かう、後押し(= デザイン)となる。
屋号である「アトオシ」は、私の理念でもあります。

いままでの制作事例の中から、本ニュースページ内の、
・ 人(クライアント)の顔が見える記事
・ 人(クライアント)のデザインに対する想いを載せた記事
「クライアント・インタビュー」カテゴリ にまとめ、タグ付けしました。

 

ph_interview_001_141229_006_ph_001_MG_0880

ph_interview_002_140201_011

ph_interview_003_150505_5242

ph_interview_004_140909_peaks_004_9209

ph_interview_005_131212_012

ph_interview_006_120805_recording_008

ph_interview_007_120805_recording_005

 

人とデザインのより良い関係、気づきの一つになれば幸いです。よろしければ、
「クライアント・インタビュー」カテゴリ をぜひご覧ください。何卒、よろしくお願いいたします。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ
 

「works/project・logo・graphic」更新(2016.05.28)

「works/project」 作品4点を更新しました。
「works/logo」 作品5点を更新しました。
「works/graphic」 作品1点を更新しました。
 

株式会社ギャプライズ  ロゴマーク・名刺

ph_works_160528_001

 

FunCars ファンカーズ 写真共有サービス  ロゴマーク・ステッカー

ph_works_160528_002

 

UM Design Association  パンフレット

ph_works_160528_005_7077

ph_works_160528_006_7077

ph_works_160528_007_7077

 

ペーパーラボ・印刷会社 「株式会社 河内屋」  ロゴマーク・グラフィックツール
讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり  パッケージ

 

何卒、よろしくお願いいたします。

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ
 

「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」(瀬戸内国際芸術祭 2016 名産品リデザイン 採用受賞商品)が発売されました。

瀬戸内国際芸術祭 名産品リデザインプロジェクト 2016」に、
永井弘人(アトオシ)がパッケージデザイン制作・採用受賞した、「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」が発売されました。
(リデザインプロジェクト特別審査員は、D&DEPARTMENT PROJECT代表のナガオカケンメイさんです)

 

ph_160326_001

ph_160326_002

ph_160326_009_d

 

「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」は、
一年で最も美味しい収穫時期の一番摘みと二番摘みのみを使用しています。
口の中に瀬戸内海の旨味が広がる、パリッとした海苔です。

一年中を通し、最もおいしく育った “のり”。そのことを、タイポグラフィックで堂々と伝えました。
“のりのり” は海苔・乗り(旨味・気分が乗っていること)を表現しています。

「味」は、豊かな味の広がりを円形で、「焼」は、焼かれる香ばしさを曲線で具現化。
艶ありの赤色箔押しを使用し、キラリと光る名産品を印象づけています。

ラベル・箱ともに、「きぬもみ」という和紙を使用。
やさしく細かなテクスチャは、瀬戸内の海、波を表しています。

 

ph_160326_003_b

ph_160326_006

ph_160326_007

ph_160326_008

 

本商品のクライアントである地濱水産様の海苔は、
美味しさの評判から、ホテルや旅館、寿司屋さんでも提供されています。

味のり・焼のり共に、単体購入が可能で、1パックに板のり7枚分(8切56枚)が入っています。
おすすめは、「味焼のりのりセット」。味のり・焼のりが1パックずつ入って、贈答用にも使える箱つきです。
見ても食べても、まさに気分「のりのり」!

これらの商品は、2016年3月20日(日)から、
瀬戸内国際芸術祭 2016 公式ショップ(高松港・直島宮浦港・宇野港)」等で販売しています。

 

ph_160326_013

ph_160326_010

ph_160326_011

ph_160326_012

ph_160326_014

 

「瀬戸内国際芸術祭」は、
美しい瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典です。

「瀬戸内国際芸術祭 名産品リデザインプロジェクト」は、
名産品パッケージデザインを、メーカー・デザイナーが協働でリデザインすることで、
その名産品を日本全国に発信していくプロジェクト。(上写真は、地濱水産の地濱美保さんと)

相乗的に良いものを伝える。嬉しいデザインの役割、そして、立ち位置だと感じます。
瀬戸内国際芸術祭を訪れた際は、ぜひ手に取ってみてください。
どうぞ、よろしくお願いいたします。のりのり。

 

有限会社 地濱水産
瀬戸内国際芸術祭 2016 公式ガイドブック (Amazon)
瀬戸内国際芸術祭 2016 オフィシャルサイト 概要
  (春:2016年3月20日(日)〜4月17日(日)/夏:2016年7月18日(月)〜9月4日(日)/秋:2016年10月8日(土)〜11月6日(日))
「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」 作品紹介ページ

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ
 

Pinterest、はじめました。デザイン事例作品を、一覧できます。

Pinterest、はじめました。
永井弘人(アトオシ)のデザイン事例作品を、一覧して見ることができます。

永井弘人(アトオシ)Pinterest  トップページ
永井弘人(アトオシ)Pinterest  ロゴマーク・ブランディング デザイン事例一覧

 
ph_pin_a_160127

ph_pin_b_160127

 

Pinterest は本来、ネット上に存在する気に入った画像にピン立てを行い、
興味を見つけ、今後の自分の行動を促すツールとなっているようです。
私は、自分の作品のみピン立てして、ポートフォリオ的な使い方にしました。
本サイトにはない、デザイン事例作品を俯瞰、一覧した見え方ができます。ぜひ一度ご覧ください

現在、以下のようにカテゴリ分けをしています。
・ Logo Design / ロゴマーク デザイン
・ Branding Design / ブランディング デザイン
・ Package Design / パッケージ デザイン
・ Poster Advertising Design / ポスター・広告 デザイン
・ Brochure DM Design / パンフレット・DM デザイン

まだすべての事例作品をピン立てしていないので、
随時、増やしつつ、動向を見ながら、整理していきます。
何卒、よろしくお願いいたします。

 

永井弘人(アトオシ)Pinterest  トップページ
永井弘人(アトオシ)Pinterest  ロゴマーク・ブランディング デザイン事例一覧

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ
 

「works/Logo」更新(2016.01.21)

「works/Logo」 作品4点を更新しました。
 

ph_logo_160122_003

ph_logo_160122_004

ph_logo_160122_002

ph_logo_160122_005

 

何卒、よろしくお願いいたします。

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ
 

竹尾見本帖店「50のタイポグラフィック記念日ポストカード」展示中です。

竹尾見本帖店「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.11、同時開催、日本タイポグラフィ協会「50のタイポグラフィック記念日ポストカード」。永井弘人(アトオシ)がデザインしたカードも展示いただいています。

 

nenga11_tenji1

nenga11_tenji3

 

竹尾見本帖店「50のタイポグラフィック記念日ポストカード」。2016年1月21日(木)〜2月26日(金)。毎日、何かしらの記念日。日付と記念日名称を重ね、タイポグラフィックでデザインしております。お近くに寄った際は、ぜひご覧ください。何卒、よろしくお願いいたします。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ