ペーパーラボ・印刷会社「河内屋」様のロゴマーク制作・グラフィックツール制作をいたしました。

東京都港区新橋にある、ペーパーラボ・印刷会社「株式会社 河内屋」様のロゴマーク、そして、名刺・封筒・一筆箋・レターヘッドといった、グラフィックツール一式をデザインさせていただきました。

寛永時代から継承される河内屋様。元々は、白金で馬具商を行っており、先代より「カワチヤ・プリント」として、印刷業種をメインとした業務を行ってきました。様々な印刷会社がある中でも、特殊印刷・特殊加工・活版印刷を得意とされています。(以前、ご紹介しました、「讃岐高松 ちはま 味のり・焼のり」のパッケージラベルや、「代官山焼肉 kintan」の牛型抜きフライヤーなど、すべて河内屋様にお願いした印刷物です)

 

ph_k_t_160528_001_7331

ph_k_t_160528_011_7551

ph_k_t_160528_005_7485

ph_k_160528_7678

 

社名を、カワチヤ・プリントから「河内屋(元の屋号名)」に変更し、
印刷はもちろん、紙に関わるものすべてを追究していきたい。
屋号を冠して、世界にも通用する印刷物をつくりたい。

その想いから、ロゴマークのリデザイン、各ツールのグラフィックデザインをご依頼いただきました。デザインコンセプトは「重ねる」。長年、受け継いできた歴史、紙の可能性への期待。重なる想いを拡散し、世界へとはばたかせる。普遍的なロゴタイプと、特徴的なシンボルマークには、そのような願いが込められています。名刺や封筒などのレイアウトは、紙の研究室を想起させる “ラボ感” を表現しました。箔押しや小口塗装を反映することで、「河内屋では、こんな加工もできるんだ!」という印刷見本としても機能します。

 

ph_k_i_160528_005_7228

ph_k_t_160528_010_7537

ph_k_t_160528_014_7669

ph_k_i_160528_007_7239

 

デザイン納品後、河内屋代表の國澤良祐さんに、ロゴマークをつくった感想、そして、今後のビジョンをお聞きしました。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
株式会社河内屋 代表 國澤良祐さん

永井さんにデザインをお願いしたきっかけは、社名変更のタイミングと、これぞ! というシンボルがほしかったからです。シンボルを見て、河内屋としての姿勢や考えを想像させる。想いを汲み取っていただき、とても良い形になったと感じています。私たちとしては、デザインをつくって終わり、ではなく、デザインのたたずまいに相応しい、より良い会社にしていく。そう考えています。言い換えれば、ロゴマークと共に、会社を育てていくことができる。とても嬉しいことです。

デジタルにあふれる世の中だからこそ、紙の可能性や紙が持つ力強さを証明していきたい。今までの印刷技術はもちろん、紙にまつわることであれば、すべて挑戦します。結果、国内外を問わず、紙の価値の再認識につながると信じています。また、価値を伝える新たな提案として、活版印刷機を置いたバーラウンジなんかも考えています。紙や印刷好きが集う場。そのような、人通しのつながりや広がりを、今後はより大切にしていきたいです。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –

 

ph_k_t_160528_002_7386_b

ph_k_i_160528_009_7324_b

 

振り返ると、5年前に私が “アトオシ” として独立した時。名刺印刷をお願いしたのが河内屋様で、それが初めての出会いでした。気づけば、互いに協力し合える関係性となり、とても感慨深いです。いつも難易度の高い要望(本当に感謝です…)に、「そういった表現をしたいのであれば、こういった紙や印刷加工の方がいいですよ!」といった提案を喜んでしていただける、とても頼もしい方です。

グラフィックデザイナーとして、私も紙の可能性を伝える一人。これからも、お客さまとの想いを重ね、デザインを通して、形にしていきます。國澤さん、河内屋様、ありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

◎ ペーパーラボ・印刷会社「株式会社 河内屋」の作品紹介ページは こちら です。
◎ ペーパーラボ・印刷会社「株式会社 河内屋」オフィシャルWebサイトは こちら です。

 

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる雑文集。 本日のアトオシ