「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」に、永井弘人(アトオシ)がプレゼンターとして登壇しました。

2016年11月2日(水)、ロフトワーク様主催「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」に、
永井弘人(アトオシ)がプレゼンターとして登壇、「食のデザインの際、意識する3つのポイント」をお話しました。

◎  “「Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」 Loftwork Portfolio Jam”

 

ph_161113_f_001_1e7a8970

ph_161113_f_002_1e7a8999

ph_161113_f_003_1e7a8984

ph_161113_f_004_1e7a9159

 

■ 01. 食のデザイン = 人がいる、シーンの料理。
    …いただきます!〜ごちそうさまでした!の「どこで、何を感じていただきたいか?」

■ 02. お客様ではなく、あくまでもつくり手として = 冷静に体感する。
    …商品やお店の特徴を具現化するため、人のリアルなリアクションに注目する。

■ 03. 五感がライバル = 美味し、くやしいっっっ!!!
    …味覚・嗅覚・聴覚に勝ちつつ、仲良くするレベルの視覚・触覚を考える。

 

ph_161113_f_005_1e7a9058

ph_161113_f_006_1e7a9102

ph_161113_f_007_1e7a9114

ph_161113_f_008_1e7a9156

 

“食のデザイン” というテーマで振り返り、人に話すことで、次の可能性に拡がる、とてもいい機会になりました。
岩崎諒子さま、ロフトワークさま、シーンの料理、ごちそうさまでした!

 

ph_fb_006_001

ph_fb_006_002

 

2017.05.03 追記.
ロフトワークさまサイト内でも紹介いただきました。
リンク先のページ内、真ん中ぐらいに私が出てきます! どうぞ、よろしくお願いいたします。

ディレクター / グラフィックデザイナー
永井弘人

 

Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)