【 お知らせ 】 2018年5月6日(日)11:00~17:00、「文学フリマ東京」に永井弘人(アトオシ)が出店します。

2018年5月6日(日)11:00~17:00、東京流通センター 第二展示場にて行われる、
第二十六回 文学フリマ東京」に永井弘人(アトオシ)が、「ブース:オ-26」にて、出店します

 

ph_180410_0594

 

——————————————————————
◎ 「文学フリマ」とは(公式サイトより)

「文学フリマ」とは文学作品の展示即売会です。既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となることができるイベントとして構想されました。

——————————————————————
■ 永井弘人(アトオシ)の「出店作品・販売書籍」

「デザイナーではない人」にデザインを伝える本
「デザイナーになる。」 伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本(商業誌)
日常とデザインの間口を拡げる雑文集。

——————————————————————
■ 注目の作品・書籍 : 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本

「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」(下の写真・以下、“伝える本”)は、クラウドファンディングのリターンとして制作したもので、今まで非売品でした。読んでいただいた方からのご好評の声、通常販売してほしい、という声をたくさんいただき、今回、「文学フリマ」にて初めての販売を行います。

——————————————————————
■ “伝える本”の「特徴・目的」
 
本書は、「『デザイナーではない人』にデザインを伝える」ための、「デザイン構築にまつわる、思考・解説・雑文・ストーリー」を書いた本です。
 
これ一冊を読むと、「へぇー!こうやって、デザインってつくられてんだ。」「あっ、デザイナーにも、こんな人いるんだ。わりと声かけやすそうじゃん。」「ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。」という感情をいだき、デザインやデザイナーに対する、新しい感度が芽生え、日常に生かせる発見があるはずです。 
 
—————————————————————— 
■ “伝える本”の「収録ラインナップ・内容」
 
・ 収録_01 : デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー 
・ 収録_02 : ほんのちょっと役立つだろう、デザインの話 
・ 収録_03 : 日常とデザインを拡げる雑文集 
・ 収録_04 : やりたいことを形にする、遠回りの出世術。〜グラフィックデザイナー 永井弘人の場合〜

 
私が2017年秋に企画した、“人の顔が魅えるデザイン展”にて展示した、「デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー・エッセイ」の他、日頃、私がnoteに書いている、「ほんのちょっと役立つだろう、デザイン・デザイナーの話」マガジン、「日常とデザインを拡げる雑文集」マガジンから、反響の多かった人気記事を抜粋し、“ベスト版の読み物”として、一冊にまとめました。 
 
さらになんと! note有料記事「やりたいことを形にする、遠回りの出世術。〜グラフィックデザイナー永井弘人の場合〜」も、本書に収録しました。クライアントさんとのつながりゼロから独立し、どうやって仕事をいただき、どうやってデザイン誌に載り、どうやってデザイン賞受賞に至ったか。試行錯誤して進んできた、リアルな私の走り方を紹介! ぜひ、その目でご確認いただければと思います。

——————————————————————
 

ph_180410_b_001

ph_180410_b_002

ph_180410_b_003

ph_180410_0571

 

——————————————————————
「第二十六回 文学フリマ東京」 公式サイト

・ 開催日 : 2018年5月6日(日)
・ 開催時間 : 11:00~17:00
・ 会場 : 東京流通センター 第二展示場 (東京都大田区平和島6-1-1)
・ アクセス : 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分

——————————————————————

永井弘人(アトオシ)のブースナンバーは「オ-26」です。当日、フルタイムでブースにいる予定です。
会場にお越しの方は、ぜひお会いできると嬉しいです! 何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

永井弘人  Twitter   Facebook   Pinterest   Instagram   日常とデザインを拡げる note(ノート)